Thursday, January 12, 2006

cards.



suicaとEdyに加えて
最近、ようやくクレジットカードを持ち始めたワシ。

今晩はキャッシュレスについてです。



クレジットカードを22歳で初めて所有したのには、
ワシの「小心」という気質が大いに影響しているわけで。

クレジットカードを持ちはしたものの、やはり支払いは「現金で。」が大半です。
ワシにとって別になくても困らない存在が、クレジットカードというものです。

その点、チャージして使うsuicaはなくてはならぬ存在になりつつあります。
一方Edyといえば、どこで使えるか知らないし、わざわざ貯めもしない存在。要はトマソンです。


そしてもう一つ。
最近、CMでガンガン流れている三井住友のiDカード
ワシのような小心にとって、果たしてどういう位置づけになるのか気になるところです。

出だしのユーザーは、ほとんどがビジネスマンになるだろうね。
クレジットに抵抗を感じず、小銭を持ち歩くことを嫌う脱庶民方が大半かと。

逆を返せば、クレジットに抵抗を感じ、現金払いオンリーという庶民方がいる限り
iDカードの普及は、なかなか難しいってとこが現状でしょうか。

携帯×FeliCa、携帯×クレジット
まだまだ棲み分けがなされた状態が続くと予想いたします。


というわけで、話は携帯×FeliCaに移ります。

suicaEdy

関東圏においては、圧倒的にsuicaの方が認知度が高いでしょう。
一方、九州に住むワシの親父に2つの名称を知っているか聞いたところ


「どっちも知らん!」


親父の言葉は、ズバリ全国規模の認知度を表してるのかな。
両者ともに認知度がまだまだってのが特徴的でしょう。


ワシは、おサイフケータイたるものを持っていないので何とも言えないが
Docomoauにおいても、このsuicaかEdyで熾烈な争うを繰り広げているの?

少なからず、auがsuicaを採用したおサイフケータイを発表しているのを目にしたんだが。
あとJALsuicaとかね、はは;;

会社づたいに、この生き残りをかけた熾烈な争うが行われているとあらば
軽々しくsuicaやEdyを選択できないな、と。


そこで見えてくるのが、クレジット会社の思惑なわけです。
携帯×クレジットに話を戻しますよ。

2005年時点で、Felica搭載型携帯(Docomo)の生産台数が1000万台を突破。
今後はauも参入してくるので、さらに増加。

クレジットカードの存在が危ういというわけで、登場したのが三井住友iDカードなんだろうね。

「チャージしなくても♪」

CMで、タレントは笑顔交じりに言ってはいるものの
クレジット会社のお偉いさん方にしてみれば、マジなんだろう(笑)




彼らの今後が、要注目です。

続きはまた今度。

2 Comments:

At 12:05 AM, Anonymous KURO said...

俺も大学3年くらいまでは、
すでに手に入れたものに対して、
後でお金を支払うクレジットよりか
現金派だったよ!

ただ、最近気づいてきた。
10万くらいの高い買い物する時、
わざわざお金をおろすのさえめんどい。
そして、使うまで、金を落とさないか
心配×2でたまらない。

それを考えるとやっぱり利用者が大人になるに連れてクレジットになるのでは??
俺は、いつか欧米のような、ちょっとしたものでもクレジット購入になると思ってます。

で、クレジットカード会社にしてみれば、
カード発行料より携帯会社に払う手数料の
方が安いから携帯×クレジットにしてるんじゃないかな?
しかも、みんなカードよりも携帯の方が常備するような社会になってきたから、そっちの方が利用されやすいからね。

つまり、クレジット会社にとっては
「携帯×Felicaに負けるやばい!」というより、
「セキュリティ技術が整ってきて、やっと
みんなが気軽につかってくれるよ~!」と
いう気持ちでいるのでは??と
勝手に思ってます。

と長々書いちゃってごめんちょ。
タッキーのブログが面白かったから書き込んでしまった。。

 
At 1:00 AM, Blogger taki said...

さて。KUROちゃんはIT院生らしい考えで、違う視点が見えてタメになるわ!
ユーザーが増えるかどうか、数年後が楽しみです^^

で、さっそく話変えるが。

あれ何だっけ、あれ。スマート何とか(どっちが何て名称か不明;;)っていう流行のシステム。
まだそんなに深く調べたってわけじゃないんだけど、「suica」で搭乗できるJALの方。正直、あれはどうかと思う(笑;;;
そこんとこ、深く聞かして欲しいわ。もちろんIT視点でね。文字数長くなるだろうから、今度会うときにでも。

 

Post a Comment

<< Home